1 まずは落ち着いて行動しましょう
   もし交通事故の被害者になってしまったら、

  速やかに適切な行動を とることが重要です!

 

2  加害者の情報をメモしましょう

  (免許証・車のナンバー)
   加害者の運転免許証を見せてもらい、

  住所・氏名を確認。
   車のナンバーも必ず控えておきましょう。

 

3   事故現場の記録を残しましょう
  交通事故現場を確認し、見取り図を作成したり、

  写真(交通事故車・現場)を撮っておくことが大切です。
  これは事故当時記憶が薄れたり、現場の様子が

  一変してしまうこともあるので、
  事故後なるべく早めに行動しましょう。

 

4 「交通事故証明」を申請

  加害者は事故の報告をする義務がありますが、

  被害者からも届出を忘れず行いましょう。

  事故に遭ったすぐは症状が出ていなくても、

  後々痛みが出ることもあります。
  必ず届出を行い、『交通事故証明』を申請してください。
  これは保険金の請求手続きの際に必要になります。

 

5  医師・柔道整復師の診察を受ける
  “たいしたことはない” と思っていても、

  意外に重症である場合もあります。
   事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の

  診察を受けることが大切です。
   また診断書を発行してもらい、必ず所轄の警察へ

  提出してください。
   診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。
   診断書を提出することで、自賠責保険への

  治療費の請求が可能となります。

 

6  保険会社へ連絡、事故状況を報告
   自分の加入している自動車保険会社や代理店へ、

  事故に遭遇し被害者になってしまった旨を報告してください。

  搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず

   同乗者にも入院や通院時の医療補償がついていますので、

  請求することができます。

7  治療を受ける場所を保険会社へ連絡する
   保険会社の担当に通院(入院)する医院を伝えてください。
   あくまでも通院(入院)する医院は患者さんが

  決めるものですので、救急車で運ばれた病院にしか

  通院(入院)できないということはありません。
  
   交通事故でも、問題なく施術(治療)を受けられ、

  患者さん自身が自分の治療先を決める選択権があります。
   その際は、損害保険会社の担当者に、

     安達整骨院での治療を希望される場合には、

 「安達整骨院での治療を希望する」と

   担当の方にお伝えしてください。

     必ずご自分のご意思を伝えていただくことが大切です。

   また、いろいろな手続きがありますので、

  当院スタッフにご相談ください。

  もしもの事故のお怪我でも1日も早く、痛みを無くし

  通常の生活に戻ることが出来る様、

  当院でもサポートさせていただきます。

交通事故に遭ってしまった! 

どうしたら良い?